離婚問題のプロは経験値重視【弁護士に頼るメリットと注意点】

離婚問題のプロは経験値重視【弁護士に頼るメリットと注意点】

弁護士

弁護士に相談すべき離婚事案とは?

離婚問題において、弁護士に相談すべき内容は「一方が離婚したい、もう一方が離婚したくないもしくは同意しない」「パートナーの浮気による慰謝料を請求」「財産分与・養育費」「子どもとの交流」「親権獲得」など。離婚問題でも、夫婦間にあらゆる問題が蓄積しているのです。金銭がらみ・子どもがらみのことは、こじれやすいので法律のプロに相談するのが望ましいと言えます。

離婚問題で弁護士がやること

平たく言えば、「①交渉」「②調停」「③裁判」の3つのやりとりサポートを弁護士は引き受けてくれます。①交渉では弁護士が間に入って離婚問題に関する話し合い。①交渉で解決できなければ②の調停へ。②調停では、家庭裁判所内で離婚問題に関する各種証拠書類提出も行われます。裁判官を交えた当事者同士の話し合いになりますが、その場でも解決に至らなかったら③の裁判で裁判官に離婚問題の解決を委ねられます。

弁護士に頼るメリットとは?

確かに言えるのは、離婚問題に関することを全てお任せできるところです。事件の処理や相手方との話し合い、関連書類作成まで一手に引き受けてくれるので、楽に離婚問題に対処できます。それに、弁護士を雇った時点で、相手方に離婚の意思が固いことを示せます。

価格がネック!法的知識や経験重視で選ぶ

弁護士の方的知識や経験を利用すれば、楽に離婚問題に対応できますがネックなのが依頼価格。着手金の相場として20〜50万円ほどで、解決後の報酬も20〜50万円ほど生じるケースが多いです。また、そのほかでは印紙代や調査のための遠方への出張でかかった費用も請求される場合もあるので、なるべく費用は多めに用意しましょう。

実績ありきで探す理由

離婚問題を有利に運ぶために腕の高さは必須で、相談実績や解決実績が多いことに越したことはありません。方的な知識を蓄積させている人よりも、場数を踏んできた人の方が依頼内容に応じて何から着手すべきかをすぐ判断して動けます。

揉めやすい話し合いを穏便に済ませるために

相手に子どもを任せるわけにはいかない、財産分与を納得いく結果にしたい、そんな離婚問題は弁護士の力に委ねるのが望ましいです。離婚問題の進め方から着手金や報酬の相場を知っておけば、予算的にも相性的にも抜群の人が見つかりやすいです。

広告募集中