合理的に経理を実現【未来の会社経営に活かせる方法】

真の経理の合理化とは?

PCや会計ソフトを導入したからといって、経理の作業効率が上がるとは限りません。会社の生産性アップや質の高い経理作業を行う時間にあてたい場合、何をすればいいのでしょうか?

経理は何のために存在する?

経理部門にやってほしい本当のこと

経営陣は、売り上げにつながるだけに「ヒト」「モノ」「カネ」の経営資源を使いたい、税務調査や帳簿をつけるのを本音では面倒に感じています。そのため、経営陣が経理に求めていることは、「お金の管理」「税務調査の透明化」「業務の報告」をスピーディーかつ低コストで済ませてほしいのです。

ベテランの経理社員がいなくなったら

仮に、経理部門に頼りになるベテラン社員がいたとしましょう。経理作業のベテランは、会計の知識と今までの経験を活かし、日常の仕訳・決裁書作成・資金繰りに至るまで日夜勤めています。その社員が、事情により退職することになったら、今迄通りの経理作業によって会社運営ができなくなります。会社の土台を支える存在であると同時に、ブラックボックス化されている仕事なので、誰にでも引き継げる体制を整えるべきです。

「簿記」「仕訳」のルールに当てはめる

経理では、取引した結果や請求書・領収書を渡されたら、簿記のルールに則って科目ごとに分けて集計します。その際、簿記ならではの用語を多く使用しているため、一般の社員は複雑さを感じてしまうのです。

合理的に経理を実現【未来の会社経営に活かせる方法】

相談

PCを導入すれば良いものではない!

PCや会計ソフトの導入をすれば、経理の仕事が効率化できると思われがちですが、案外そうとは言い切れません。PCと会計ソフトを導入しても、機能を上手く使いこなせず、余計な仕事を増やしてしまっていることもありえます。便利に見えて、実は経理スタッフに負担を増やしているのは何としてでも避けたいところ。

経理業務の効率化は経営の意思決定を早める!

余計な負担を軽減して、事業運営の効率化を測りたいなら、会計事務所に頼るのも一つの手段。事業運営費用の現状把握や税金対策など、会計・税理関連のプロにお任せすれば、不効率さから生じる余剰時間を事業運営の舵取りに集中しやすくなります。

未来の経営に活かすために頼りになる事務所へ相談!

会社の規模によりますが、経理作業を会計事務所に頼れば、経費精算・各種支払・会計処理の作業が3日前後で済ませられます。その分、空いた時間を他業務兼務やワンランク上の経理業務を行う時間にあてられます。経理スタッフの負担を減らせたら、未来の経営に活かせられるのは間違いありません。

広告募集中